日本旅行医学会
セミナー

過去のセミナー

日本旅行医学会大会

●第7回 日本旅行医学会 東京大会

開催日時 2014年11月16日(日)10:30~16:30(予定)
会場 東京信濃町東医健保会館 2階大ホール
〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地 TEL: 03-3353-4311
(JR中央総武線信濃町駅下車徒歩5分)
プログラム
2014/11/16 【ランチョンセミナー】
題名: 『エボラ出血熱 ~最新現場レポート!~』
演者: 国立国際医療研究センター 国際感染症対策室 加藤 康幸
日本国内のみならず現地へも赴き、現在エボラ対策の第一線でご活躍中の加藤先生が、国内外の最新情報を緊急でお伝えします!

【教育講演 1】
題名:「旅行の医療トラブル対応の法的責任」(仮題)講演を予定
演者:  金子博人法律事務所 代表弁護士 金子博人
※登山医学セミナーでも登山事故の際の法的責任についてご講演いただいた金子博人弁護士に 今回は旅行先での医療トラブルの際の旅行会社、添乗員、ツアーナースの法的責任について ご講演いただきます。
金子弁護士の登山医学セミナー講演は 「具体的な実際の事例、判例を交えて医療の法的責任を確認出来て良かった」等 参加者アンケートでもご好評でした。
ご興味のある多くの方々のご参加申込をお待ちしております。

【教育講演 2】
題名:「腸管出血性大腸菌O111集団感染における危機対応とITの活用」(仮題)講演を予定
演者:富山大学医学部小児科助教 種市尋宙
※感染症の集団感染という危機的状況に際し、診療科の枠を越え、 異なる県の医療機関、行政関係者との連携を築き、幅広い情報交換を円滑に行った経緯と問題点等についてご講演
【会員・企業からの発表】
  一般演題・症例報告 各発表12分(発表7分+質疑応答5分)
《会員発表1》 10:40~11:30
 1.「大学牧場実習における添乗看護師の3年間の対応と健康管理に関する意識調査」
   日本獣医生命科学大学  松原 孝子
 2.「病院前で経験した電撃傷の一例」
   熊本赤十字病院  野田 慶太
 3.「旅行先で災害にあったら? ~タイと日本の災害医療体制~」
   国立病院機構熊本医療センター  山口 充
 4.「渡航前予防接種と計画書 ~1年目の経験と課題~」
   おだ内科クリニック  小田 健司

《会員発表2》 11:30~12:20
 1.「中部国際空港利用者にみる意識消失と安全な旅行への配慮」
   藤田保健衛生大学救急総合内科、横浜新都市脳神経外科病院内科認知症診断センター 眞鍋 雄太
 2.「水中通話装置の検証報告と事故抑止可能性及び証拠性の検討」
   市民スポーツ&文化研究所  中田 誠
 3.「旅行医学と災害医療 ~弱者対応のあり方を中心に~」
   京葉病院外科・災害医療大系編纂グループ  原口 義座
 4.「派遣看護師からみた添乗看護における問題点の発掘」
   株式会社ナイチンゲール  高木 健太郎

《会員発表3》 15:15~16:05
 1.「新しい防虫のカタチ 『着るだけで虫よけ』」
   株式会社インセクトシールドジャパン  松永 孝治
 2.「海外ワクチンと当社輸入サポートについて」
   株式会社モンゼンコーポレーションジャパン  竹山 智春
 3.「労働安全衛生法の改正と海外でのストレスチェック」
   株式会社メディカルトラスト  佐藤 典久
 4.「循環器系疾患関連項目迅速検査のご紹介(仮題)」
   アリーアメディカル株式会社  山田 湊
――――――――――――――――――――
申込方法
――――――――――――――――――――
事前に参加費をお振込の上、振込領収書を下記PDF申込書に添付の上ファックスまたは郵送にてお送りください。
申込書受領後に事務局より参加申込受領メールをお送りさせていただきます。

●2014年秋のイブニングセミナー(全2回)

開催日時 第1回 10月17日(金) , 第2回 10月31日(金)
会場 代々木駅前 代々木会議室 Kビル会議室A室(Kビル4階)
東京都渋谷区代々木1-32-11
JR総武線「代々木」駅改札を出て正面信号渡る徒歩1分
(TEL) 03-3375-6671
プログラム
2014/10/17 ○第1回
18:30〜19:00 プレレクチャー
「循環器系疾患関連項目迅速検査のご紹介。
脂質・ヘモグロビンA1C・CRP・Dダイマー・心筋マーカーの迅速測定」 
講師: アリーア メディカル株式会社マーケティングⅡ部 水戸部晶
旅行医学の領域における予防医学の観点からメタボリックシンドローム患者の脳血管障害、心筋梗塞などが重篤な症状として危惧される。これらのリスクの未然に予測し、リスク回避に役立つ検査データ情報を迅速に測定可能な機器システムを紹介。

19:00〜20:00 本講演
「日本におけるマダニ媒介性感染症:特にSFTSとライム病について」(6単位)
講師: 国立感染症研究所ウイルス第一部長 西條 政幸
マダニが媒介する感染症は昨年1月に初めて国内で確認され全国10の県で15人の感染が確認され8名が死亡した。今回はSFTS(重症熱性血小板減少症候群)とライム病の原因、特徴、対策を講演。
2014/10/31 ○第2回
18:30〜19:00 プレレクチャー
「自己採取法による性感染症検査の現状について」
講師: 株式会社アイ・ラボCytoSTD研究所 代表取締役社長 医学博士 椎名義雄

19:00〜20:00 本講演
「新幹線の安全・安心対策」(6単位)
講師: 工学院大学 特任教授 曽根悟
1957年新幹線運行前から約57年間 新幹線にかかわり、東京大学名誉教授、JR西日本 社外取締役も務めた曽根先生が新幹線の歴史、安全の為の仕組みとメンテナンス、 世界の高速列車との比較、中国の新幹線との違い等についてご講演。

●2014年 第1回関西感染症ワクチンセミナー

開催日時 10月5日(日)午前10時20分~午後4時30分予定
会場 大阪 高槻市 大阪医科大学 新講義実習棟101教室
アクセス:阪急京都線「高槻市」駅下車出口1よりすぐ
JR東海道本線・JR京都線「高槻」駅下車徒歩約8分
プログラム
2014/10/05 ○「海外赴任者のウイルス肝炎、NASHの診断、治療と予防」
ウイルス性肝炎治療の進歩、感染症予防対策やNAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患、NASH (非アルコール性脂肪肝炎)の治療の現状と問題点について講演。
(生涯研修1単位予定)
講師:社会福祉法人恩賜財団 大阪府済生会吹田病院 総長 岡上 武

○「海外赴任者と家族の健康管理」
脱水予防、高血圧治療中患者への服薬励行指導、自己血圧測定の推奨、脳卒中を疑うべき症状と教育、医療情報提供の重要性について講演。(生涯研修1単位予定)
講師:パナソニック健康保険組合 健康管理センター 海外医療対策室 室長 兼 予防医療部 消化器検診科 部長 辰巳嘉英

○「ランチョンセミナー”旅行医学の歴史」(会場の都合により軽食をご用意)
新しい分野である旅行医学について2002年学会設立から現在までの経緯及びこれまで話題になった  新型インフルエンザ、SARS、救急搬送等数々の旅行医学のトピックスについて講演。
講師:日本旅行医学会専務理事 千駄ヶ谷インターナショナルクリニック 院長 篠塚 規

○「海外赴任者と家族の為のインフルエンザ対策」
インフルエンザウイルスは人のみならず、他の哺乳類、鳥類にも感染します。今回は動物のウイルスがどのように人で流行するウイルスに変わるのかについて講演。また日本以外で流行したH5N1,H7N9の動向、ワクチン、治療薬について講演。(生涯研修1単位予定)
講師:滋賀医科大学 病理学講座疾患制御病理学部門 准教授 伊藤 靖

○「大阪市立総合医療センターにおけるワクチン外来の状況」
予防接種はもちろん海外渡航に必要な検診、診断書作成、マラリア予防薬の処方及びHIV感染予防啓発も行う当医療センターの多様な診療状況について講演
講師:大阪市立総合医療センター感染症センター部長 後藤 哲志

※8月に正式に日本医師会産業医制度生涯研修認定の決定を予定しております。
決定次第ホームページ等でご案内申し上げます。
※プログラムの内容及び講演者は予定であり変更になる場合がございます。
※関西 感染症・ワクチンセミナー会場限定で安全カルテ他学会書籍を特別割引価格で販売を予定しております。

――――――――――――――――――――
●申込方法
――――――――――――――――――――
下記ボタンより申込み用紙(PDF)をダウンロードし、必要事項を記入の上、参加費振込領収書確認書を添付の上、ファックス、メール添付お送りください。受領後、受領確認メール、参加証をお送り致します。

第8回登山医学セミナー

開催日時 2014/7/5
会場 東京医科歯科大学鈴木章夫記念講堂
東京都文京区湯島1-5-45
プログラム
2014/07/05 1.「ヒマラヤトレッキングの高山病と感染症対策」
  ネパールインターナショナルクリニック トラベル&マウンテンメディシン センター院長 ブッタ・バス二ヤット医師
2.「アメリカ国立公園の救急医療体制と環境保護最新情報」
  イエローストーン国立公園医師・エベレストベースキャンプ医師 ルアンヌ・フレール医師
3.「登山中のケガ・やけど治療にも役立つ 新しい創傷治療」
  練馬光が丘病院 傷の治療センター 科長 夏井 睦
4.「尾瀬:谷川岳での山岳救助 」
  群馬県警沼田警察署谷川岳警備隊 隊長 伊藤 武
5.「病院の山岳救急医療体制」
  独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター 救命救急科
  副救命救急センター部長 小笠原 智子
6.「登山事故の法的責任~実例を踏まえて~ 」
  金子博人法律事務所 弁護士 国際旅行法学会(IFTTA)理事
  金子博人

第12回日本旅行医学会大会

開催日時 2013/4/13
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター
プログラム
2013/04/13 米国最新『救急』医療事情
米国ニューヨーク
EMC Emergency Medical Care 医師
Dr. Carlisle L. Saint Martin
マレーシア最新医療事情
マレーシア クアラルンプール ジャパンメディケアクリニック 医師
Dr. Beh Chor Khim

救急医学の旅行医学~スポーツ中の突然死~
大阪医科大学生体管理再建医学救急医学講座准教授
西本 泰久先生

高齢者の旅行医学パート2~認知症・転倒・睡眠~
国際医療福祉大学高齢者総合診療科 教授
岩本 俊彦先生

旅行者、海外勤務者企業担当の為のテロ・誘拐対策のABC
マサチューセッツ総合病院国際救急医療
Dr. Michael Callahan

G2010におけるにおける胸骨圧迫のみの心肺蘇生の位置づけ
京都大学環境安全保健機構附属健康科学センター講師
石見 拓先生

旅行者血栓症最新事情
成田赤十字病院 総合内科部長
森尾 比呂志先生

旅と睡眠と時差対策
東京慈恵会医科大学葛飾医療センター精神神経科診療部長
山寺 亘先生
2013/04/14 ケニア、ウガンダ、タンザニア熱帯医療事情
アフリカ 熱帯医学コンサルタント ケルン在住医師
Dr. Kay Schaefer MD, PhD, MSc, DTM&H

旅行医学の誕生と将来
ヨーロッパ旅行医学会会長 医師
Dr. Walter Pasini

陸上自衛隊による東日本大震災における救助活動
陸上自衛隊東部方面総監部医務官補佐
近野 敏之氏

高齢者並びに脊髄損傷患者の車いす生活と旅行
公益財団法人東京都保健医療公社多摩北部医療センター リハビリテーション科 部長
鴨下 博先生

肺炎球菌ワクチンの重要性
日本医科大学呼吸器内科 助教
服部 久弥子先生

最近の国際テロ情勢~アルカイダ、中東、東南アジア~
公安調査庁
二度目のエベレスト登頂 登山家
渡邉 玉枝氏

2013年イブニングセミナー

開催日時 2013/9/20,2013/10/4,2013/10/18
会場 代々木駅前 代々木研修室 Kビル会議室4階A室
プログラム
2013/09/20 手指衛生の重要性と実践
サラヤ株式会社 学術部 東京分室
齋藤有香氏

インフルエンザ研究の最前線
東京大学医科学研究所 感染症国際研究センター 感染制御系 ウイルス学分野  准教授
一戸 猛志先生
2013/10/04 最新防虫ウェア
株式会社 インセクトシールドジャパン 社長
松永孝治氏

PET検査の基礎知識
新横浜 医療法人ゆうあい会ゆうあいクリニック 院長
小澤 幸彦先生
2013/10/18 最新補聴器の機能
リオン株式会社 医療機器事業部営業部 営業技術課
三上敦史氏

最新のマラリア予防と治療
国立国際医療研究センター研究所 熱帯医学・マラリア研究部 部長
狩野繁之先生

第7回登山医学セミナー

開催日時 2013/6/30
会場 東京医科大学病院 6階 臨床講堂
プログラム
2013/06/30 登山中の救命救急処置
大阪医科大学救急医学教室准教授
西本泰久先生

奥多摩登山 遭難現場での救急処置について
東京消防庁奥多摩消防署
宮村岳氏

高地トレッキング備え薬と高山病対策
クリニックやなぎさわ院長
柳澤 紘

山岳気象の基礎と遭難事例
株式会社ヤマテン 代表取締役
猪熊隆之

山のトイレと環境保全
特定非営利活動法人 山のECHO代表理事
上 幸雄

信州北アルプスの山岳救助
篠ノ井総合病院救急科統括部長救命センター長
関口幸男

次世代保温素材と新型スリーピングバッグ
株式会社finetrack 取締役
橋本 剛

紫外線の基本知識と効果的な対処の仕方
株式会社資生堂 化粧品開発センター サンケア製品開発グループ
阿部公司

第6回看護部会

開催日時 2012/12/15
会場 こどもの城 8階804号室
プログラム
2012/12/15 腸管出血性大腸菌  O157感染症 -臨床の現場から
東京都立小児総合医療センター 腎臓内科・総合診療科医長
幡谷 浩史

医療者として海外で働く -ニュージーランド、ベトナムにて
ホーチミン ロ―タスクリニック 看護師
石川 亜希

高齢者リハビリ旅行 -列車で稲取温泉旅行への道のり
リハビリ推進センター株式会社
木村英生 戸津喜典

高齢者旅行のために パネルディスカッション

第5回東京大会

開催日時 2012/11/25
会場 東京医科大学病院 第一研究教育棟3階 第一講堂
プログラム
2012/11/25 【教育講演 1】
大きく変わる予防接種― 最新の動向
かたおか小児クリニック院長
片岡正先生

【教育講演 2】
音声センターの新パラダイム:イェソン音声センターを中心として
韓国イエソン音声センター院長
公演芸術音声研究所 院長
キム・ヒョンテ先生

2012年イブニングセミナー

開催日時 2012/9/21,2012/10/5,2012/10/21
会場 津田ホール会議室
プログラム
2012/09/21 非接触式赤外線体温測定器サーモファインダーProの機能とその有効性
株式会社MISORA 営業・CSチーム
桑原 一樹氏

肺炎球菌ワクチンの重要性
日本医科大学 呼吸器内科 助教
服部久弥子先生
2012/10/05 ポリオと11月から始まる4種混合ワクチン接種について
アステラス製薬株式会社 東京支店営業推進部 ワクチン担当
静 幸彦氏

狂犬病ワクチンの効用と重要性
東京都立駒込病院 感染症科 医員 
柳澤如樹先生
2012/10/21 アミノインデックスⓇがんリスクスクリーニングの開発
味の素株式会社 アミノインデックス部 専任部長
安東敏彦氏

新規がん検診としてのアミノインデックスⓇがんリスクスクリーニング(AICS)の有用性
三井記念病院総合健診センター 特任顧問
山門實先生

コラム

旅行医学豆知識 Mebio掲載記事 メディア掲載記事 感染症について
  • 日本旅行医学会facebook
  • 日本旅行医学会職員募集