日本旅行医学会
セミナー

過去のセミナー

日本旅行医学会大会

●第9回 東京大会

開催日時 2016年11月13日(日)10:30~16:15(予定)
会場 「東医健保会館」
東京都新宿区南元町4番地
JR中央総武各駅停車「信濃町」駅下車徒歩5分
プログラム
2016/11/13 -----------------------------------
■10:30~11:40
開会挨拶
日本旅行医学会
理事長 小川 富雄

-----------------------------------
■11:40~11:25 [4単位]
『会員発表1』
「都内で発生した都市型災害における外国人傷病者対応と課題」
「地域の活性を目指した試み-1-~「旅行透析」を創案して~」
「ベトナム旅行でデング熱に罹患した医師(自分)の一例」

-----------------------------------
■11:25~12:10 [4単位]
『会員発表2』
「スポーツにおける高地対策 南米エクアドルでの知的障がい者国際競技大会帯同医の経験より」
「在日外国人への医療の質の向上に関するアンケート合同調査の実施と解析結果」
「海外赴任後に発症した意識障害の一例」

-----------------------------------
■12:30~13:20 [4単位] 
『海外留学生のための安全対策
~安全カルテから予防接種まで~』
日本旅行医学会専務理事
篠塚 規

-----------------------------------
■13:30~14:35 [4単位] 
日医認定産業医制度 生涯研修単位認定研修会
『海外赴任者のための予防接種』
国立国際医療研究センター トラベルクリニック 医長 金川 修造
講演要旨:
 ワクチンは感染症対策の最も有効な手段であり、多くの医療機関では海外渡航時にはワクチンを受けることが推奨されている。多くの場合は渡航先特有の疾患に対するワクチンを推奨されるが、特有の疾患だけでなく定期予防接種対象の疾患に対しても注意が必要であり、十分な免疫を得ておくことが進められる。

-----------------------------------
■14:35~15:20 [4単位] 
『ダニ媒介性感染症に関して』
愛知医科大学 医学部 感染・免疫講座 講師 角坂 照貴
講演要旨:
 1980年中頃までは国内で発生するマダニ媒介感染症は知られていなかったが、1984年に日本紅斑熱、1986年にはライム病が発生しマダニの危険性が認識され始めた。その後、1993年にダニ媒介脳炎、2002年にエーリキア症、2011年にはマダニ媒介回帰熱が発生、2012年秋には発熱と消化器症状に加え、血小板と白血球数が激減する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が発生し4類感染症に追加された。

-----------------------------------
■15:25~16:10 [4単位]
『会員発表3』
・「FaceTimeを用いたフランス語通訳」
・「循環器系疾患 ・ 関連項目迅速検査のご紹介
*・ヘモグロビンA1C・CRP ・Dダイマー・心筋マーカーの迅速測定」
・「海外赴任前の準備について」

-----------------------------------
■16:10~16:15
閉会挨拶
日本旅行医学会
専務理事 篠塚 規

-----------------------------------
■16:30~17:30
懇親会
☆演者を囲んだ懇親会を開催します。
☆別途懇親会費2,000円をお支払いください。

●第8回 日本旅行医学会 東京大会

開催日時 2015年11月15日(日)10:30~16:30(予定)
会場 東京信濃町東医健保会館 2階大ホール
〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地 TEL: 03-3353-4311
(JR中央総武線信濃町駅下車徒歩5分)
プログラム
2015/11/15 教育講演1:
『進化する免震・耐震・制震技術の最先端』
清水建設 技術研究所 安全安心技術センター 所長 金子 美香
※首都直下型地震や南海トラフ巨大地震対策が本格的に取り組まれています。
本講演では、耐震・免震・制震と呼ばれる構造技術の基礎知識を
ご説明するとともに、最新の免震技術や制震技術について紹介します。
加えて家具の転倒被害の対策もご紹介いたします。

教育講演2:
『ガイドラインに沿った食物アレルギー対策』
同愛記念病院 小児科 部長 山口 公一
※食事は旅行における大きな楽しみのひとつです。
しかし食物アレルギーのある子どもにとってはその楽しみが苦しみに
変わってしまうことが有ります。それを避けるにはまずアレルギーを
起こす食物の確認とその除去を心がけることが重要になります。
しかし、どんなに注意していても原因食物を摂取してしまうことは
起こり得ますので、そのような場合の対処法の確認も忘れてはいけません。
症状として最も重篤であるアナフィラキシーショックへの対処法についてもご紹介致します。

ランチョンセミナー:
『知っているようで知らないノロウイルス』
国立感染症研究所 ウイルス第二部第一室 室長 片山 和彦
※何故、ノロウイルスは毎年冬に流行するのか?ノロウイルスは何処から来て、
何故、爆発的に感染が拡大するのか?など、未だに多くの疑問が未解決のままでです。
私たちは、ノロウイルスについてよく知っているつもりになっていますが、実は、
その実態をあまり良く理解していなません。
ノロウイルスについて概説するとともに、最新のノロウイルス研究のトピックスを紹介しながら、
ノロウイルス流行のメカニズム、感染防御、ワクチン開発の可能性について考えてみたいと思います。

演題発表1:
外国人旅行者を受入れた症例他
演題発表2:
外国人旅行者の言葉・システム対応の取組み他
演題発表3:
外国人旅行者受入れ体制の将来展望

※順次講演内容など決定次第お知らせいたします。

●第7回 日本旅行医学会 東京大会

開催日時 2014年11月16日(日)10:30~16:30(予定)
会場 東京信濃町東医健保会館 2階大ホール
〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地 TEL: 03-3353-4311
(JR中央総武線信濃町駅下車徒歩5分)
プログラム
2014/11/16 【ランチョンセミナー】
題名: 『エボラ出血熱 ~最新現場レポート!~』
演者: 国立国際医療研究センター 国際感染症対策室 加藤 康幸
日本国内のみならず現地へも赴き、現在エボラ対策の第一線でご活躍中の加藤先生が、国内外の最新情報を緊急でお伝えします!

【教育講演 1】
題名:「旅行の医療トラブル対応の法的責任」(仮題)講演を予定
演者:  金子博人法律事務所 代表弁護士 金子博人
※登山医学セミナーでも登山事故の際の法的責任についてご講演いただいた金子博人弁護士に 今回は旅行先での医療トラブルの際の旅行会社、添乗員、ツアーナースの法的責任について ご講演いただきます。
金子弁護士の登山医学セミナー講演は 「具体的な実際の事例、判例を交えて医療の法的責任を確認出来て良かった」等 参加者アンケートでもご好評でした。
ご興味のある多くの方々のご参加申込をお待ちしております。

【教育講演 2】
題名:「腸管出血性大腸菌O111集団感染における危機対応とITの活用」(仮題)講演を予定
演者:富山大学医学部小児科助教 種市尋宙
※感染症の集団感染という危機的状況に際し、診療科の枠を越え、 異なる県の医療機関、行政関係者との連携を築き、幅広い情報交換を円滑に行った経緯と問題点等についてご講演
【会員・企業からの発表】
  一般演題・症例報告 各発表12分(発表7分+質疑応答5分)
《会員発表1》 10:40~11:30
 1.「大学牧場実習における添乗看護師の3年間の対応と健康管理に関する意識調査」
   日本獣医生命科学大学  松原 孝子
 2.「病院前で経験した電撃傷の一例」
   熊本赤十字病院  野田 慶太
 3.「旅行先で災害にあったら? ~タイと日本の災害医療体制~」
   国立病院機構熊本医療センター  山口 充
 4.「渡航前予防接種と計画書 ~1年目の経験と課題~」
   おだ内科クリニック  小田 健司

《会員発表2》 11:30~12:20
 1.「中部国際空港利用者にみる意識消失と安全な旅行への配慮」
   藤田保健衛生大学救急総合内科、横浜新都市脳神経外科病院内科認知症診断センター 眞鍋 雄太
 2.「水中通話装置の検証報告と事故抑止可能性及び証拠性の検討」
   市民スポーツ&文化研究所  中田 誠
 3.「旅行医学と災害医療 ~弱者対応のあり方を中心に~」
   京葉病院外科・災害医療大系編纂グループ  原口 義座
 4.「派遣看護師からみた添乗看護における問題点の発掘」
   株式会社ナイチンゲール  高木 健太郎

《会員発表3》 15:15~16:05
 1.「新しい防虫のカタチ 『着るだけで虫よけ』」
   株式会社インセクトシールドジャパン  松永 孝治
 2.「海外ワクチンと当社輸入サポートについて」
   株式会社モンゼンコーポレーションジャパン  竹山 智春
 3.「労働安全衛生法の改正と海外でのストレスチェック」
   株式会社メディカルトラスト  佐藤 典久
 4.「循環器系疾患関連項目迅速検査のご紹介(仮題)」
   アリーアメディカル株式会社  山田 湊
――――――――――――――――――――
申込方法
――――――――――――――――――――
事前に参加費をお振込の上、振込領収書を下記PDF申込書に添付の上ファックスまたは郵送にてお送りください。
申込書受領後に事務局より参加申込受領メールをお送りさせていただきます。

第5回東京大会

開催日時 2012/11/25
会場 東京医科大学病院 第一研究教育棟3階 第一講堂
プログラム
2012/11/25 【教育講演 1】
大きく変わる予防接種― 最新の動向
かたおか小児クリニック院長
片岡正先生

【教育講演 2】
音声センターの新パラダイム:イェソン音声センターを中心として
韓国イエソン音声センター院長
公演芸術音声研究所 院長
キム・ヒョンテ先生

第4回東京大会

開催日時 2011/11/27
会場 東京医科大学病院教育棟5階 第一臨床講堂
プログラム
2011/11/27 【教育講演 1】
職場・国内・海外・・・様々な場面におけるうつ病対策
防衛医科大学校 精神科学講座
重村 淳

【教育講演 2】
放射線と健康
独立行政法人 放射線医学総合研究所 研究倫理企画支援室長
小橋 元

コラム

旅行医学豆知識 Mebio掲載記事 メディア掲載記事 感染症について
  • 日本旅行医学会facebook