日本旅行医学会
セミナー

過去のセミナー

日本旅行医学会大会

●第10回日本旅行医学会 看護部会

開催日時 2016年12月10日(土) 13:00~16:50(受付開始12:30)
会場 <会場>
リロの会議室 銀座中央通り roomA

<住所>
東京都中央区銀座2丁目7番18号 銀座貿易ビル 6階(メルサGinza2)

<最寄駅>
銀座一丁目駅 9番出口地下から直結 徒歩0分(東京メトロ有楽町線)
銀座駅 徒歩4分(東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線)
有楽町駅 徒歩6分(JR線)
プログラム
2016/12/10 -----------------------------------
■13:00~13:10 開会挨拶、プレレクチャー
『看護師の旅行医学』
日本旅行医学会 理事 菅野 一男

-----------------------------------
■13:10~14:10 教育講演1 [5単位]
『旅行と食と感染症~旅行中・旅行後の下痢を考える~』
浜松医療センター 
感染症内科 田島 靖久
講演要旨:
 旅の楽しみに食がありますが、旅行者の医学問題の一つ、旅行者下痢症にも関連しています。食において、ゼロリスクはありえません。リスクに向かうにあたって大切なことは、リスクを適正に見積もり、リスク発症時の適切な対策を持ち、リスクを早期発見し、発症時には迅速に対応することです。そのために必要な知識として、国内国外での食と感染症とは何?どれぐらいのリスクがある?気を付けるべき人は?どのような症状?発症した場合の治療対応と感染対策、そして予防方法は?以上の質問に答える内容で知識のまとめを行わせて頂きます。

-----------------------------------
■14:10~15:00 教育講演2 [5単位]
『麻疹:旅行医学の面から考える~過去・現在・未来~』
船橋ベイサイド小児科 院長
前 千葉大学病院 感染症管理治療部部長
日本旅行医学会 理事
佐藤 武幸
概要:
 関西国際空港を起点に空港職員・利用者等33名に国外株による麻疹流行が発生した。一方過去には北米への修学旅行中に麻疹が発症したため抗体陰性者が搭乗拒否され帰国出来ない事態もあった。
WHOによる麻疹排除地域に2015年3月に日本も指定され、2016年9月には南北アメリカが根絶地域に指定される中で、現在も流行地域がある。渡航者には流行地域での感染と排除・根絶地域への持ち込みの両者に備える必要があり、日本の現状と対応について述べる。

-----------------------------------
■15:10~16:15 パネルディスカッション [5単位]
『看護師の英語力向上のコツとくふう』
聖母病院、トウキョウメディカルアンドサージカルクリニック、千駄ヶ谷インターナショナルクリニック
各院より看護師1名ずつ

-----------------------------------
■16:25~16:45 企業発表 [5単位]
『長期海外赴任の保険の現状と問題点
~商品、サポート、海外での事例~』
東京海上日動火災保険(株) 旅行営業部 課長 増淵 憲明
ジェイアイ傷害火災保険(株) 横川 三成

-----------------------------------
■16:45~16:50 閉会挨拶
日本旅行医学会 専務理事 篠塚 規

-----------------------------------
■16:50~17:50 懇親会

※プログラムは随時更新されます
※お申込につきましては事務局までお問い合わせ下さい。

●第9回日本旅行医学会 看護部会

開催日時 12月12日(土) 13:00~17:15 (予定)(受付 12:30~)
会場 東京信濃町東医健保会館 2階ホール
〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地 TEL: 03-3353-4311
(JR中央総武線信濃町駅下車徒歩5分)
プログラム
2015/12/12 【教育講演 1】:「ハンタウイルスとデング熱の最新情報」≪認定産業医指定研修会≫
新井 智 (国立感染症研究所 感染症疫学センター 主任研究官)
感染症法施行以降国内発生がない、謎多きハンタウイルス感染症について学びます。近年、海外からの旅行者急増に伴い、今まで日本では症例の少なかった感染症や発生のなかった感染症への対応、感染予防の知識が求められています。地球規模で人・物が行き来する現代においては、これまで国内でほとんど問題視されてこなかった感染症であっても日頃の備えが重要であることは昨夏に東京で流行したデング熱はまだ記憶に新しいところです。本講演ではハンタウイルスとあわせてデング熱についての最新情報もご紹介します。

【教育講演 2】:「ワクチンの原理と新ワクチンの開発過程」
城野 洋一郎 (一般財団法人 化学及血清療法研究所 常務理事)
一昔前に比べて、海外旅行、海外出張・赴任の際に今までとは違った予防接種の対応が必要となっています。医療従事者にとってワクチンに関する広く深い知識が不可欠なものとなってきている為、本講演ではワクチンの原理から新しいワクチンの開発まで幅広く学んでいただきます。

【体験発表】:「ブータン医療・現地事情」
看護師 土屋 あゆみ
ブータンは一般的に高地に位置するため、旅行日程によっては高山病対策が必要です。一方ブータン南部は標高が低く高温多湿のため、日本脳炎、マラリアの予防、夏には細菌性赤痢や腸チフスなどの感染症対策も考えなければなりません。また2012年には狂犬病発症による死者が確認されたり、6-9月の雨季にはノミやダニ対策も必要になります。ブータンの病院は日本と異なり設備も充分ではなく薬品類も輸入に頼っており十分な量が確保できておりません。このようなブータンの医療現場での看護師としての経験と現地事情を発表させていただきます。

【パネルディスカッション】:「海外赴任者と家族の健康と安全を考える」
予定パネリスト: 産業保健師、看護師、産業医の方々、菅野一男先生、篠塚規先生
若い産業医の入会がますます増えてきております。それはもはや企業派遣の海外赴任者の健康管理は定番の「保険加入」と「ワクチン接種」のオリエンテーションだけでなく、実態に則した現場の対応が求められ、テロ対策も含めた総合的な「リスクマネージメント」の在り方が求められているからだと考えられます。本パネルディスカッションでは、多様化するグローバル化の流れとともに今までにない新しいに立ってディスカッションを行います。

●第8回日本旅行医学会 看護部会

開催日時 12月13日(土) 午後1時より
会場 東京信濃町東医健保会館 2階ホール
〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地 TEL: 03-3353-4311
(JR中央総武線信濃町駅下車徒歩5分)
プログラム
2014/12/13 ○13:00~13:05  開会あいさつ
看護部会長 かんの内科 院長 菅野一男先生
○13:05~13:10  プレレクチャー:「看護師の旅行医学」
日本旅行医学会専務理事 篠塚 規先生

○13:10~14:00  教育プログラム1:「デング熱国内感染と海外の対応」(仮題)(5単位)
講師:国立感染症研究所ウイルス第一部第2室高崎智彦
(本年のデング熱国内感染に際し、ウイルス、媒介蚊、効果的予防対策、薬剤散布法、デング熱症状、治療の臨床、海外各国の対策と症例について講演予定。)

○14:00~14:50  体験発表1:「体験発表 最新米国看護事情」(5単位)
講師:東京大学大学院医学研究科健康科学・看護学専攻成人看護学分野助教 鈴木美穂
ニューヨーク大学大学院博士課程、ニューヨーク州看護師資格取得後、勤務。看護学博士号取得のご経験から看護師とナースプラクティショナーの相違点、米国チーム医療最前の情報を講演。

○15:00~15:50 教育プログラム2:「旅と土石流災害」(5単位)
講師:国立大学法人 政策研究大学院大学 特任教授 池谷 浩先生
昨年10月の伊豆大島、今年7月の長野県南木曽町、8月の広島県安佐南区での土砂災害発生を受け土砂災害の実態、分布、特徴、状況、避難方法、事前対策と効果的事例について専門家が講演

○15:55~16:50 体験発表2:「パネルディスカッション企業の産業医と海外赴任者の健康管理」(予定)(5単位)
パネリスト(予定) 会員産業医、菅野一男先生、篠塚 規先生、看護師の方

○16:50~16:55  閉会のあいさつ
日本旅行医学会 理事長 小川富雄先生
○17:00~18:30  懇親会 於 東医健保会館 会議室にて開催(別途 1,000円)
※聴講者の認定更新、新規取得の単位 :すべてのプログラムを聴講して20単位予定。
※プログラムの内容及び講演者は予定であり変更する場合がございます。

――――――――――――――――――――
●申込方法
――――――――――――――――――――
参加費を振込後、申込用紙(PDF)に必要事項を記入し、振込受領書を貼付の上、事務局へFAX又は郵送にてお送りください。。 なお、セミナー終了後に懇親会を行います。参加される方は別途1,000円をプラスしてお振込ください 。

第6回看護部会

開催日時 2012/12/15
会場 こどもの城 8階804号室
プログラム
2012/12/15 腸管出血性大腸菌  O157感染症 -臨床の現場から
東京都立小児総合医療センター 腎臓内科・総合診療科医長
幡谷 浩史

医療者として海外で働く -ニュージーランド、ベトナムにて
ホーチミン ロ―タスクリニック 看護師
石川 亜希

高齢者リハビリ旅行 -列車で稲取温泉旅行への道のり
リハビリ推進センター株式会社
木村英生 戸津喜典

高齢者旅行のために パネルディスカッション

第5回看護部会

開催日時 2011/12/17
会場 こどもの城 8階804号室
プログラム
2011/12/17 腸管出血性大腸菌O157 O104のメカニズムと対策
国立国際医療研究センター研究所 感染症制御研究部
濱畑 崇先生

糖尿病の旅行医学
かんの内科 院長
菅野 一男先生

終末期旅行に付き添うた為の能力と提言
日本旅行医学会専務理事
篠塚 規先生

終末期旅行に付き添うた為の能力と提言
パネルディスカッション


コラム

旅行医学豆知識 Mebio掲載記事 メディア掲載記事 感染症について
  • 日本旅行医学会facebook