日本旅行医学会
認定制度

認定講座試験のご案内

日本旅行医学会 認定制度要項2017

6月3日(土):
看護師(准看護師を含む)・救急救命士・助産師・薬剤師・作業療法士・理学療法士・介護士・言語聴覚士・保健師・養護教諭・添乗員・フライトアテンダント・社会福祉士
6月4日(日):
医師(歯科医師を含む)

認定講座・試験受験資格

日本旅行医学会会員の医師、救急救命士、看護師(准看護師を含みます)、助産師、薬剤師、作業療法士、理学療法士、介護士、言語聴覚士、保健師、養護教諭、添乗員、フライトアテンダント、社会福祉士である事及び認定試験申込み迄に12単位以上を取得している事。
認定試験までの日程

【ご入会のご案内】
2017年4月15日(土)16日(日)開催の日本旅行医学会大会ご参加でも1日20~24単位取得が可能です。

特別措置として、本来受験時に必要な12単位を取得していなくても、先に受験を済ませ、次年度の認定講座・試験日までに、学会主催の講演会等で必要な単位を取得することにより、認定資格を得ることができます。

大会、セミナー講演のDVD視聴エッセイ提出による認定単位取得のご案内

日本旅行医学会では、大会、セミナーに出席出来なかった会員の方々に単位を取得出来る様に過去の大会 セミナーのご講演を先生方ご了解の下ご講演DVDを販売しております。これまで多くの方々にDVD視聴エッセイ提出により単位取得していただいております。

詳しい情報は こちら

2017年度認定講座・試験20172017年度認定講座・試験

開催日・講義内容

●2017年6月3日(土):看護師(准看護師を含む)・救急救命士・助産師・薬剤師・作業療法士・理学療法士・介護士・言語聴覚士・保健師・養護教諭・添乗員・フライトアテンダント・社会福祉士
プログラム
・飛行機の中の旅行医学
・ダイビングの旅行医学
・帰国者の旅行医学 発熱・下痢の対処
・一般ツアーでの高山病
・海外での病院のかかり方 安全カルテについて
※各講義30-35分 試験10分

会場:東医健保会館 2階ホール(JR信濃町駅徒歩5分) Map
〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地 TEL:03-3353-4311
時間:10:30~16:50(予定)

●2017年6月4日(日):医師(歯科医師を含む)
プログラム
・飛行機の中の旅行医学
・ダイビングの旅行医学
・帰国者の旅行医学 発熱・下痢の対処
・一般ツアーでの高山病
・旅行前・登山前健診の旅行医学
・海外旅行で必要な医療英文書類について
※各講義35分 試験10分

会場:東医健保会館 2階大ホール(JR信濃町駅徒歩5分) Map
〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地 TEL:03-3353-4311
時間:10:20~16:50(予定)

事前学習のための推薦図書:●旅行医学質問箱/4,968円 ●安全カルテ学生用/1,080円 ●安全カルテ成人用/1,500円 ●安全カルテ小児用/1,200円

定員:各日90名(申込先着順)
受験料:5,000円(テキスト代含む)
振込先:三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店 普通 4905050 一般社団法人日本旅行医学会
    または 郵便振替 00180-8-62898 日本旅行医学会
申し込み期間:2016年11月から2017年5月下旬(満席なり次第受付終了しますのでご了承下さい。)
受験申込み方法:下記より受験申込書をダウンロードしてご利用下さい。

6月3日(土) 看護師(准看護師を含む)・救急救命士・助産師・薬剤師・作業療法士・理学療法士・介護士・言語聴覚士・保健師・養護教諭・添乗員・フライトアテンダント・社会福祉士 PDF
6月4日(日) 医師(歯科医師を含む) PDF

Adobe Readerダウンロードボタン

PDFファイルの表示・印刷にはAdobe Readerが必要です。

・必要事項を記入し、受験料を振り込んだ払込証を貼付する。
(当日会場での支払い・お申し込みはできません)
・学会事務局にFAXで送信する。
・12単位以上の取得を証明する受講証明書(学会主催のセミナー会場等で発行)を既にお持ちの方は、あわせて送信してください。(認定試験の講義は単位の対象になりません。ご注意ください。)
・ 試験1週間前までに受験票を本人宛に送付します。
・ 定員(各日90名)となり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。

認定手続き:合格者には合格通知とあわせて、認定手続きの案内を送付します。
認定料を納入し、認定証がお手元に届いた時点で、認定資格が有効となります。
次回の認定試験までに認定料の納入がない場合、合格は取り消されます。

認 定 料
認定医…15,000円
看護師・救急救命士・助産師・薬剤師・作業療法士・理学療法士・介護士・言語聴覚士・社会福祉士…10,000円
保健師・養護教諭・添乗員・フライトアテンダント…5,000円

認定資格の更新

認定資格は4年ごとに更新が必要です。

認定資格更新には、更新時までに大会・セミナーなどに出席して、20単位以上の単位取得が必要です。遠隔地などで単位取得の難しい会員は、大会でのポスター発表や学会誌への投稿も単位取得の対象となります。

大  会     :4単位(1ゾーン)
イブニングセミナー:6単位(1回の参加)
ポスター発表   :8単位(ファーストオーサー)、4単位(セカンドオーサー以下)
学会誌投稿    :8単位(掲載分のみ)

認定更新料
認定医…5,000円
看護師・救急救命士・助産師・薬剤師・作業療法士・理学療法士・介護士・言語聴覚士・社会福祉士…4,000円
保健師・養護教諭・添乗員・フライトアテンダント…3,000円

2017年度認定資格更新の皆様へ

2005年、2009年、2013年に認定資格を取得された方は、下記の期間に認定資格の更新手続きが必要です。

更新手続き期間
:2017年4月1日~2017年7月末日
更新に必要な単位
:20単位

認定資格は、上記更新期間に手続きをされないと失効します。再度取得するためには、認定講座・試験を再受験していただくことになりますので、くれぐれもご注意ください。

更新についての詳しい情報は こちら

2016年度認定資格更新の皆様へ

2004年、2008年、2012年に認定資格を取得された方は、下記の期間に認定資格の更新手続きが必要です。

更新手続き期間
:2016年4月1日~2016年7月末
更新に必要な単位
:20単位

認定資格は、上記更新期間に手続きをされないと失効します。再度取得するためには、認定講座・試験を再受験していただくことになりますので、くれぐれもご注意ください。

更新についての詳しい情報は こちら

コラム

旅行医学豆知識 Mebio掲載記事 メディア掲載記事 感染症について
  • 日本旅行医学会facebook
  • 日本旅行医学会職員募集