日本旅行医学会

2020年度 認定更新のご案内

2004年、2008年、2012年、2016年に認定を取得した方は、2020年7月31日が認定証の有効期限*1です。
以下の通り更新の手続きについてご案内します。認定は、更新期間中に手続きされない場合は失効となります。「認定講座・試験」を再受験いただくこととなりますので、ご注意ください。

 

更新について(有効期限/更新料)

対象者:2004年、2008年、2012年、2016年に認定を取得した方

要件:日本旅行医学会の会員であること(年会費を納めていること)
法人会員で受験した場合、転職などでその企業または病院から離れた方は、個人会員として登録が必要です。

更新手続き期間:2020年4月1日~2020年7月末日

更新に必要な単位:20単位(2016年7月以降の単位)

認定更新料:

旅行医学会認定医…5,000円

看護師・救急救命士・保健師・養護教諭・助産師・薬剤師・作業療法士・理学療法士・介護士・言語聴覚士…4,000円

添乗員・フライトアテンダント・スポーツインストラクター…3,000円

※2020年度より保健師、養護教諭の認定更新料を看護師と同額の4,000円に改定いたします。

振込先:三菱UFJ銀行 新宿中央支店 普通 4905050
または 郵便振替 00180-8-62898 
一般社団法人 日本旅行医学会
シャ)ニホンリヨコウイガクカイ

 

手続きに必要な書類について

1.「認定証申込書」に必要事項を記入し、認定更新料の払込受領書を貼付したもの

※申込受付時期になりましたら申込書をアップロード致します。

2.20単位以上の取得を証明する「受講証明書」*2のコピー
(学会主催のセミナー会場等で2016年7月以降発行のもの)
認定試験及び前回の更新時に使用したものは不可(単位残数があってもご利用いただけません)

1・2の書類を揃えて学会事務局宛、締切日までにFAX・郵送・メールにてお送りください。

 

*1:2004年に、認定証の有効期限を3年間から4年間に改訂しています。

*2:「受講証明書」は、大切に保管してください。

単位は取得した日から4年間有効です。

2007年度より、「認定講座・受講証明書」への転記は行っておりません。

 



コラム

旅行医学豆知識 Mebio掲載記事 メディア掲載記事 感染症について
  • 日本旅行医学会facebook